手染め創作布花・千里のホームページを
ご覧頂きありがとうございます


ご挨拶

初めまして。
広島県東広島市で布花作家として活動しております、「手染め創作布花・千里」主宰の相川 千里と申します。当ホームページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。
布花とは、1960年に「山上るい」氏が始められたお花です。 私が布花に出会ったのは2016年5月のことでした。その世界観とお花の一瞬を表現する創造性に惹かれ、布花の世界に入りました。布花作家として長年ご活躍されている「越智みさお」、「森知子」両氏に師事し、私も布花の技術を引き継いでおります。日本の伝統である布花が忘れられないように、そして新たに皆様に知っていただければとの想いで布花教室を開講しています。
「千里」という名前は、ことわざの「惚れてしまえば千里も一里」から取りました。
愛する人に会いに行くためなら千里もの遠い道のりでも一里にしか感じないほど、苦にならない。自分が好きな人のために、好きですることは、どんな苦労も苦に感じないというたとえです。布花に置き換えると、自分がイメージしたお花を咲かせるためなら長い道のりや手間もいとわないという想いに重なります。
ウエディング、贈り花、仏花、インテリアなどのオーダーも承ります。あなた様、あなた様への大切なお方へのお花を咲かせ、お届けいたします。


ご挨拶_img


お知らせ・ブログ

2018年12月5日
本日 読売新聞に掲載されました
2018年12月3日
本日より FM東広島にて千里教室のCMが放送されます
2018年11月29日
千里教室は見学可能としております。布花に興味のある方、お越しくださいませ。
アバウト


●布花について

布花とは、白布から生まれるお花です。
白布をカットし、染色をし、コテを使用してお花の表情を創り、自らの手の中からお花を咲かせます。
布花だけの魅力…それは、「花の一瞬」を再現できることにあります。咲いた花の、生命感あふれる様子、枯れていくときの儚さ、時間によってその表情を変え、同じものはひとつとして存在しない花びらや葉の形。その一瞬一瞬を、時を止めたように表現できるアート、それが布花の魅力です。
お花が、一番好きな瞬間の姿のままいつまでもそばにいてくれるのです。
布花は、単に素材に布を使って創る花というだけではなく、創りあげる行程に込める想いが、その花色や表情となっていきます。
その花や贈る人を想って、創り上げる一輪。創る工程も身体に染みこみ、手先でなく心で咲かせる一輪は、想いの分だけそばで安らぎや癒し、感動を与えてくれます。
お祝いの席や悲しみの席など、人の想いはたくさんの場面に存在します。そして、想いがあればどんな所にも布花は咲かせられます。 是非、あなたも強く美しい布花の世界に触れてみてください。


布花について


手染め創作布花・千里について

古くからの日本の伝統である布花。
その布花の魅力を皆様にお伝えしたい。もっと多くの方に布花のことを知っていただきたい。その想いから、東広島市西条に「手染め創作布花・千里」をオープンし、主宰させていただいております。
皆様に布花の技術をお伝えするため、教室を開いております。また、オーダーも承っております。
この世に一つだけのお花をあなた様にお届けいたします。


創作布花・千里について


《レッスン内容》
■布花1種類…¥5,500〜(材料費別途)
 ※お花の種類により、料金は変動します。
 ※完成するまでの料金です。
 ※初回のみ入会金¥5,000を頂きます。
■体験レッスン…¥4,000(材料費込)
■コサージュレッスン…¥6,000(材料費込)
 ※毎月第二土曜日開講

■親子レッスン...¥3,000(材料費込)

■資格取得コースもございます。


詳しくはコチラ



ギャラリー


IMG_20181213_150404
オーダー コサージュ
IMG_20181213_142505_645
M様・清楚なカサブランカ
IMG_20181209_141207
S様・白布をカット
scroll