相川千里

DSC_0191-2

資格認定コースに関してですが、ホームページには記載してませんが簡単になりますがご紹介します。
初級、中級、上級、染色、と4段階に分かれています。 初級に5種類、中級に5種類、上級に大作品を創ります。
全て材料費込み、4回に分けてお支払いできます。
そして、全てのカリキュラムを終え、愛媛県にある(株)flowerポプリハウスで薔薇の検定をします。
合格をもらえれば、資格認定書が発行されます。
生徒さんの半数の方はコースでレッスンをすすめています。
ただ、最後の検定、資格認定書はいりません、と言う方がほとんどです。
材料費込み、そしてお花の種類も決まっているので、それに従って基礎からきちんと習っていきたい。
とのお考えです。

*下記の内容は大事なことになります。私はここだけは厳しくお伝えしています。
本来、布花の世界には資格はありません。 ではなぜあるのか?これは時代に合わせて、
そして、その後活動しやすくなる為の身分証明書と思ってください。
資格認定書イコール、一人前ではありません。技量はお金で買えません。
資格認定書があるからと勘違いしてしまうと、 1人でできるからと気持ちだけが先走り、技量は身につきません。
趣味で楽しむのと、販売したり名前を出して活動する場合と分けて考えてください。
私は今でも師事を受けています。そのような世界です。
布花を楽しむことはとても大切なことですが、私の中で大事にしていることは他にもあります。
それは、2人の師匠が大切にしている、創始者と布花への想いです。
布花作家・指導する立場として、上記に書いた内容は大事にしています。